特定非営利法人東京都港区中小企業経営支援協会NPOみなと経営支援


●2012年7月「たまにはこんな本はいかがですか」

●2012年7月「たまにはこんな本はいかがですか」

■経営お役立ち情報  ビジネスヒント情報―――――――――――――――――――■

2012年7月 「たまにはこんな本はいかがですか 〜楽しい会社って、ありですか?〜」

中小企業診断士 奥野直哉

メールはokuno.naoya@nifty.comまで願います。


■――――――――――――――――――――――― NPOみなと経営支援協会−■


「会社は、ヒトに依るか?」と言う問いがあります。

もう少し詳しく言うならば、
「会社は、ヒトの働き具合によって変わるか?」となるでしょうか。

いろいろな意見があると思いますが、私は、やはり、会社は、人に依ると考えています。
大部分の経営者の方々も、そう思われているのではないでしょうか。

会社は、ヒトが集まった組織であり、機械が運営する組織ではありません。
ですから、当然、ヒト(社員)の働く意識、姿勢の違いで、業績が変わって来ます。

「当社には、人材がいない」と言われる経営者の方がいらっしゃいますが、ヒト(社員)は、自然発生的に育って来ません。
どのような意識、姿勢で働いてもらいたいか、どのような人材のいる会社にしたいのか、
これら「ありたい姿」、「あって欲しい姿」を明確にして、方向づけていくのは、やはり、経営者の役割です。

「ありたい姿」、「あって欲しい姿」については、経営者一人ひとり、考え方が違うと思いますが、例えば、このような姿は、ありでしょうか。

その姿とは、「ヒト(社員)が楽しく働いている姿」です。

「楽しく働く」「楽しい」のキーワードを1つ、会社運営、経営に加えてみてはいかがでしょうか。

同じ働くなら、楽しく働ける方が良いでしょう。

自分の会社の社員が、「当社で働けることは楽しい」と思っている、そんな会社はすばらしいと思いませんか。

ここまで読まれて、「楽しい? 何を甘いこと言ってるんだ」、「ウチでは、目標達成のためには、厳しくしないとダメなんだ、仕事には厳しさが必要なんだ」と思われた経営者の方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、甘やかせとは言っていません。「甘い会社」と「楽しい会社」は違います。

仕事は厳しいのが当たり前。苦しいことが多いものです。
しかし、「苦しい」と「楽しくない」は、別です。

苦しいけれど、楽しい。
厳しいけれど、楽しい。

一般的によく言われていて、私もそうだと考えていますが、次のような言葉があります。

「顧客満足のためには、社員満足がなければならない」。

顧客の満足がなければ、事業は成り立ちません。顧客に満足してもらうためには、接点である社員が納得していなければなりません。

これと近いですが、やはり、「当社で働くことが楽しい」と心底から思っている社員は、お客さまに対して前向きに、良いパフォーマンスを行います。

「楽しくない」と思いながら働いてもらっても、良い結果につながりません。
どんな仕事も、やり方しだい、考え方しだいで、意識を変えることができます。
楽しく仕事をすることができます。

もちろん、楽しく働けるかどうかは、社員個々人の自覚によって変わります。
しかし、会社は組織です。組織全体の意識を変えていく、それは、やはり、経営者のリーダーシップによります。

「当社で働けることが楽しい」に関して、今回、一冊、本を紹介します。
その本とは、山本幸久著 「カイシャデイズ」(文春文庫)です。

忙しい経営者の方々は、本など読んでいる暇がないかもしれません。ましてや、ビジネス書ではなく、これは小説です。娯楽小説です。しかも、今売れ筋である“中小企業のガンバリを描いたもの”でもなく、“理想とするリーダーの姿を書いたもの”でもありません。
ただ、ヒト(社員)の働く姿を描いただけの小説です。
しかし、「当社の社員が、楽しく働いていくにはどうしたら良いのか」について、改めて考える糸口になると思います。

本書の帯には、本文からの引用で、次のように書かれています。
「仕事、楽しそうじゃないですか」
「楽しいわけないだろ」
「そうなんですか? ならどうして仕事しているんですか?」
「知りたいか?」
「ええ」
「だったら明日、会社へこい。そして外回りするおれについて歩いて、その目で見てたしかめろ」

くどいですが、この本は、あくまで娯楽小説です。もちろん、読み手によって感想は違う
でしょう。

「楽しく働くとはどう言うことかについて、何も書かれていないじゃないか」と思う人もいるでしょう。「なんだ、軽いなあ」と思われる方もいるでしょう。少なくとも、私は、「楽しく働く」こと、会社組織のありようについて考えるところがありました。

経営者は忙しい。でも、たまには、こんな「小説」はいかがですか?

中小企業診断士 奥野直哉

メールはokuno.naoya@nifty.comまで願います。


■―――――――――――――――――-―― NPOみなと経営支援協会−201207―■

お役立ち情報目次へ

homeご挨拶npoみなと経営支援について会員紹介コンサルティング事業新着情報定例会報告お役立ち情報(コラム)サイトマップお問い合わせリンク