特定非営利法人東京都港区中小企業経営支援協会NPOみなと経営支援


<中小企業白書より  キーパーソンを育てよう>

<中小企業白書より  キーパーソンを育てよう>

会社にキーパーソンとなる社員は何人いますか。
H19年度の中小企業白書では、
企業の発展に欠かせないキーパーソンについての調査結果が載っています。
http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/index.html

キーパーソンとは、コアとなる業務を担い、
他では代替えのきかない人物を指します。
50人以下の企業で平均2名、50名以上では3〜5名といるとされています。
「いない」と回答した企業も2割ほどありました。

業務タイプ(能力)としては、(重要度−充足度)
○経理・財務・人事をとりまとめられる人材(41−61)
○情報システムや経理の専門人材(32−50)
○現場の専門人材(40−50)
→これらの人材は充足度が高いようです。

□事業部門全体を束ねられる人材(67−50)
□社長の右腕としての相談相手(61−57)
→この人材はやや不足感があります。

▽新しい顧客を開拓しマーケットを拡大できる人材(54−25)
→このような人材は大きく不足しています。

経営者からは「キーパーソンが、求める能力を満たしていない」と答える方も多くいます。
特に「創造力」や「課題発見力」といったイノベーションに繋がる能力については、
自ら開拓してきた創業者から見ると、物足りなさを感じているようです。

この3番目のタイプ(▽)が不足していることと関連していると思いますが、
創業者から見て充分なイノベーション能力がある人材は、
勤続せず、自分で独立・創業する事が多いのではないでしょうか。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

キーパーソンの育成や確保と業況感の関係を見ますと、
積極的に行っている企業は業況感が良く、
特に取り組んでいない企業ほど良くない傾向が出ています。

社長一人で企業を発展拡大していくには限界があります。
個人の限界以上に発展させるには、
キーパーソンの存在が重要であることを示しています。

しかし、キーパーソンが、優秀であるがため「社外流出してしまう危険」や、
「人数が足りない」と感じている経営者が多いのも現状です。

キーパーソンが継続勤務する要因はなんでしょうか
○仕事の内容にやりがいや楽しみを感じている。(46%)
○自分の専門性や知識・ノウハウが十分に任せられる組織(40%)
と感じています。
また、キーパーソン候補者では、
○学びの機会が与えられ、成長できる事が明確(28%)
との期待もあります。

しかしながら企業側では、
計画的なOJT(16%)、自己啓発の支援(10%)、ジョブローテーション(4%)と、
キーパーソンの育成や確保のためのシステムが確立できていない現状です。

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

社員をやる気にさせるのは、権限委譲と成長感を与える事です。
給与面で言うと、給与の高低よりも「納得感のある待遇」が重要です。
特にキーパーソンには権限委譲を与えて社外流出とを防止し、
更なる自己啓発を引き出すことがポイントであると思います。
更に、学びの機会を与え、次のキーパーソンを育てる事も必要です。

売上の増進だけに目を向けるのではなく、
将来的に拡大できる基盤を作ることが、
結果として、継続的に業績の良い会社になることでしょう。

キーパーソンを多く育て、継続して勤務してもらえる様にし向ける事で、
社長自らは新しい顧客の開拓に邁進できる環境に繋がります。

NPOみなと経営支援では、人事制度や研修のエキスパートも揃えております。
是非ご相談下さい。
NPOみなと経営支援 松 崎 邦 彦


お役立ち情報目次へ

homeご挨拶npoみなと経営支援について会員紹介コンサルティング事業新着情報定例会報告お役立ち情報(コラム)サイトマップお問い合わせリンク