特定非営利法人東京都港区中小企業経営支援協会NPOみなと経営支援


SWOT(「強み(S)」「弱み(W)」「機会(O)」「脅威(T)」)の作成について

SWOT(「強み(S)」「弱み(W)」「機会(O)」「脅威(T)」)の作成について

今年のNHK大河ドラマのタイトルとなっている
甲斐武田軍の軍旗「風林火山」の言葉は、
中国古代の兵法書「孫子」に記されたものです。

このほかにも「孫子」の中の有名な言葉に、
「彼を知り己れを知れば、百戦殆(あやう)からず」との言葉がありますが、
これと同じ事が現代の経営戦略の手法にもあります。
SWOTと呼ばれるものです。

自社の「強み(S)」「弱み(W)」「機会(O)」「脅威(T)」を書き出すこの手法は、
とても有名な手法であるため、知識として知っている方も多いと思います。
しかし、実際に作成されたからは少ないのではないでしょうか。

この4つは書き出さなくとも普段から考えていたり、
「よく判っている事」だと思います。
しかし、頭の中で考えただけでは、洩れがあったり重複していたり、
意外と漠然としているものです。重要なのは紙に書き出す事です。
定期的に(年1回)書き出す事で、実際の行動に移れるのです。

【自分を知る】
まずは自社の「強み」は何でしょうか。
例えば、蓄積されたノウハウ、高い技術力、魅力的な商品・・・
これは競争力の源泉となるものです。

逆に「弱み」は何でしょうか。
中小企業では人・モノ・金・情報のどれも少ない事が多く、
数え挙げればキリが無いのかもしれません。
特に弱いと思うことを書き出してください。

【外部環境】
次にマーケットの環境や競合他社について考えます。
例えば、「新技術の開発による新たな顧客層の拡大」等、
これから自社のマーケットに訪れる追い風=「機会」を挙げて下さい。

一方の逆風=「脅威」はどうでしょうか。
近隣に大手のお店が開店するなど競合の登場が挙げられます。

例えば、顧客ニーズの変化や業界の規制緩和がある場合、
既にその業界に居る企業であれば新規参入者の出現が「脅威」となりますが、
新規参入する「機会」と捉える企業もあるでしょう。

繰り返しになりますが、
考えるだけでなく、これらを実際に文字として紙に書き出すことが重要です。

これも中国の古い言葉に「真知即行」があります。
「真知は即ち行たる所以なり、行なわざればこれを知というに足りず、
未だ知りて行わざる者あらず、
知りて行わざるはただ是れ未だ知らざるなり」
実際に書き出してみてください。新たな発見があるでしょう。
書き出しましたら、次に組み合わせてみましょう。

今後到来する機会(O)に対し、当社の強み(S)をどの様に活かす事ができるか、
具体的に考えてみましょう。
施策にまで考えられれば、これは成長の源になります。

逆に弱点(W)が脅威(T)と重なると、決定打を受ける事となってしまいます。
脅威が大きければ大きい程、
何か事前にしておく対策が必要になります。

同様にS×TやW×Oも考えて見ましょう。
対応できる事項は手当てしておく事が望ましいでしょう。
但し、弱みの対応は経営資源が分散されるので、必要最小限に留め
強みの強化に経営資源を集中させましょう。

単に「一生懸命努力すれば報われる(成果に繋がる)」訳ではありません。
それは、日本全体が右肩上がりだった時代のことでは無いでしょうか。
これからの競争激化の時代では、成果として現れる様に、
重要ポイントを定めて、無駄なく努力する事が重要だと思います。

新たな事業計画を立てる前に、
ぜひ、SWOTを作成してみてください。
ご要望があれば、我々診断士がお手伝いさせていただきます。

NPOみなと経営支援  松崎 邦彦

お役立ち情報目次へ

homeご挨拶npoみなと経営支援について会員紹介コンサルティング事業新着情報定例会報告お役立ち情報(コラム)サイトマップお問い合わせリンク