特定非営利法人東京都港区中小企業経営支援協会NPOみなと経営支援


「社長の想い」届けていますか(中小企業こそ「想い」を語れ)

「社長の想い」届けていますか(中小企業こそ「想い」を語れ)

経営者の想いが会社の隅々まで浸透している会社は強いです。トップと社員が志を一つにするとき、会社は強い組織として立ち上がります。全社一丸なればこそ、困難な目標を乗り越え、さらなる高みを目指せます。荒波に遭っても、トップと社員との間に強い絆があれば恐れることはありません。

創業の志、そして経営者の理念などを経営者の肉声で、説得力を持って響き渡らせていますか、是非見直していただきたい。そのヒントになる事例を少しご紹介します。

――――――――――――――――――――――――

社長は社員に対して、粘り強く繰り返し自分の想い、ポリシーを直接自分の言葉で本音で語る、時には激しく叱る。叱るときには社員の個性を見て。こうしたことで、「やる気」を引き出している例。

創業DNAの伝承は会社の生命線である、と創業理念を説き続け、対話こそが処方箋である。鉄は熱いうちに打て、と若い世代に想いを伝えている例。

並々ならぬ熱意で創業者の哲学を社員に伝える。伝導が使命、とする創業以来の盟友が存在する例。などです。

――――――――――――――――――――――――

 社長の想いとは
  夢やビジョン(3年後5年後)
  経営理念や経営哲学
  経営方針や経営戦略
  数値計画・行動計画 
 などで会社の指針、羅針盤となるものです。

 具体的には、ビジネスプラン(事業計画書)に落とし込まれます。

 その社長の想いを届ける4つのポイントは
  ・「存在意義」と「行動指針」
  ・「耳にタコができる」まで繰り返す
  ・社員に「考えさせる」
  ・腹を割り、本音で語る ことです

自分の想いを伝えることに強くなることは、勝ち組経営者としての資質が備わることになるのです。

             中小企業診断士 渡邉 勲

お役立ち情報目次へ

homeご挨拶npoみなと経営支援について会員紹介コンサルティング事業新着情報定例会報告お役立ち情報(コラム)サイトマップお問い合わせリンク